So-net無料ブログ作成

シーズンオフなのにわたしが主役 [ヒョウモン(サンドラ)]


少しさかのぼりますが6月の末、久しぶりにサンドラちゃんを連れ出しました。

散歩ではなく病院に。

IMG_2426.JPG



   片道1時間弱









9kg弱のカメが入ったカートを抱えて駅の階段を上り下り出来るかが不安だった為に(途中乗り換えJR駅はエレベーターが無い)、近くのカメ友さんに付き合って頂きました。
こんなこと、お子さんのいるお母さんにとっては何でもないことなのですって^^;

通院の目的は2つありまして、
1つは伸びに伸び過ぎていた爪を切ること。
もう何年も切っていません。
もはや相当な器具がないと歯が立ちませんし。

歩行障害にもなりかねない位の爪ですが、産卵穴掘り時にはここ一番の掘削道具として大活躍!(言い訳)

IMG_1152.JPG



   ほらね!









なんて、いつまでも言ってられないので切って貰いました。

普通の爪切りではとても無理なので、大型犬用の爪切り登場。
それでも開始早々なかなか歯が立たず、先生が手を痛めてしまいついには皮手をはめて力を込める始末。
お気の毒だったのはサンドラちゃんを支えていたサポートの獣医さんのお顔に、勢い良く飛んだ爪がバッチンバッチン当たっていたこと。
目に当たらなくて良かったですが、次回は是非ゴーグル装着をおすすめしたいと思います。
さながら大工仕事のような光景で、ついでの爪切りがとんだ大事に。
その様子は私より鋭い観察眼でカメ友さんがイラストで表現して下さいました。
さすがのサンドラちゃんも相当な痛みを感じたようで、声にならない叫びが診察室に響き渡り、ここでまたカメ友さんからはホラ貝のようだとの絶妙な表現を頂きました(笑)

IMG_2441.JPG














IMG_2308.JPG













IMG_2400.JPG


  1本長めなのは
  カットしたかった位置が
  硬過ぎたため断念
  刃の痕がついています。







IMG_2306.JPG



   帰宅後ふて寝 











さて
メインの目的はというと、タマゴに関する試みです。
初産から数え既に100個以上のタマゴを産んだサンドラちゃん。
今後も孵化させることのないタマゴを毎年産み続けることによる様々なリスクと、私の肉体的消耗を可能であれば無くしたい。
これはサンドラちゃんがヒョウモンガメであることによるのですが、産卵前2〜3週間毎日続く深夜徘徊&大暴れに伴う睡眠不足と家屋の損害は(これが4〜5ヶ月続きます)とてもしんどく、今はなんとかお世話出来ていることが、私の加齢に伴う体力の衰えと共に確実に負担になっていくと思うのです。

以前に獣医さんとお話しした際に、抱卵を止めることが出来るかもしれない薬があることを知りました。
カメではまだ事例が無いけれど、もしかすると効果が期待出来るかもしれないとのこと。
様々な刺激で抱卵してしまうことのあるインコ等では使うそうで(卵詰まりを防ぐため)、イグアナでも効果があったとか。。。確かそう言ってたような。

抱卵の指令を出す脳下垂体に働きかけ、その指令をブロックするもの。
ヒトでいえばピルを使うようなものかしら。
犬猫のように簡単に避妊手術が出来ないカメなので、もし効果が期待出来るのなら積極的に試してみたいと思いました。
毎月定期的に接種する必要があり、今回は産卵シーズンに入る3ヶ月前から開始してみることにしましたが、効果が現れるまでにどの位掛かるかは分かりません。
何しろ前例が無いとのことなので。
なので、今シーズンは効果が現れるかどうかは分からず、あわよくばのお試し(でもホントはもの凄く期待)、2シーズン位続けてみれば効果の有無が証明出来るでしょう。

ちなみに一緒に受診したヘルマンちゃんもタマゴ。
女子は本当に大変。。。


実はこの注射の2週間後位から突然深夜と日中の徘徊を始めたサンドラ。
オムツから溢れてしまう程の大量の排尿も数回(産卵前の特徴)。
シーズンオフは餌を食べる以外は終日眠り続けるのが常なので、もしやタマゴか!?と嫌な予感に包まれましたが、2週間程で静まりました。

体は少々大きいけれどまだやっとこさ7周年のサンドラちゃん。
心も体も穏やかに毎日を過ごさせてやりたいのです。


と。。。

ここまで書いて、下書き保存。
今月末2回目の注射から帰ったら更新しようかしらと思っていた本日。

一応気掛かりだった徘徊の事を告げると念のためエコー撮ってみますかとのことに。。。

後肢の付け根に器具をあてるなりポコポコ丸い影がハッキリと写し出されました [目]

え゛ぇ〜(* *)[あせあせ(飛び散る汗)]

『殻も出来てるなぁ』

ということで次はレントゲン。


数分後

『残念です。。。』

『そうですか。。。』

IMG_2431.JPG



 まだすぐに産む状態ではないものの、
 うっすらと9個のタマゴを
 確認出来ました。








はぁぁ。。。(* *)

一抹の不安はあったものの、これまでは秋が産卵シーズンでしたので楽観していました。
昨シーズンはひと月早まって9月。
今シーズンはまたひと月早まって8月。
どんどん早まってそのうち本来の春産卵になるのかしら。

先月の注射の時には既に卵胞が出来ていたということになります。
その頃は日中ピクリとも動かず全く気配なし。

このタマゴの後には既に次の卵胞が待機しているでしょうし、とりあえず今シーズンは注射を見送り、産卵シーズンが完全に終了する、予定では年明け頃に改めて開始しようということになりました。
そしたらタマゴのサイクルが春に早まっても注射の効果が期待出来るかも。

仕方ありません。
真夏のお世話はしんどいですが幸い夏バテ知らず、むしろ夏太り体質なのでエネルギー満タン、なんとかこなしていけそうです。

それにしてもサンドラちゃんのこれほどまでの抱卵体質って。。。(゚_゚i)

IMG_2433.JPG



  帰宅後
  大人しくベランダで過ごしています。
  

  





IMG_2434.JPG



   お顔はまだ穏やか









IMG_2436.JPG



   また頑張ろうねぇ
   








IMG_2444.JPG


 この夏は室内へのルートを
 完全にブロックしているので
 諦めたのか
 ここ数日はベランダ泊も出来ています。









[晴れ]   [晴れ]  [晴れ]  [晴れ]  お  ま  け  [晴れ]  [晴れ]  [晴れ]  [晴れ]  [晴れ]


IMG_2365.JPG



  先日カメ友さんに頂いた
  トマトとちびっ子キュウリ








IMG_2314.JPG




   うまうま〜 [黒ハート]








マルコにはマミーポコ・ビッグぱんつをお試しで頂きました。

IMG_2376.JPG



  甲羅周りに余裕があって、
  サッと穿かせることが出来ます。

  早速買いです!






IMG_2396.JPG



   コレ、
   ボクちゃんにピッタリ!








IMG_2348.JPG



   ベランダの彼女達は
   夏真っ盛り[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]








高温多湿に弱いはずのホルス、今年は何故か絶好調で食欲もグングン[グッド(上向き矢印)]

IMG_2334.JPG



  放って置かれて
  鍛えられたのかしら^^;  








IMG_2342.JPG



   わぁ。。。
   トマト〜 [黒ハート]
   コロちゃん大好きなのー







IMG_2347.JPG



   うまうまおいち〜









IMG_2363.JPG



   めろんマンも
   ほぼ終日ベランダ








IMG_2424.JPG



   何故か土まみれ 









IMG_2443.JPG



   コロちゃん真っ逆さま[あせあせ(飛び散る汗)] 
   これで熟睡してます [目]








IMG_2361.JPG


   暑さうんざりですが、
   皆さんも無事に
   乗り切ってねー! 











nice!(0)  コメント(14) 
共通テーマ:ペット