So-net無料ブログ作成
検索選択

カメ互助会 [リクガメ]


お預かりしていたドンちゃん を無事に元気にお返しすることが出来た。
仲良しのカメ友さんだからという理由ばかりではなく、大型種のリクガメを預け預かり合うということはどういうことになるのか、という別の観点もあった10日間。

これから続く長い飼育、冠婚葬祭や病気入院等、長期短期で自宅を空けざるを得ない状況が考えられる以上、何か対策、準備が必要。。。常々考えていること。
時々飼い主同士でも話題になるのが自分の老後とカメの老後。
むしろこれがメインになることも^^;
自分も一緒に入れるカメ養老院構想とか、そんな話を真剣にしてしまう。
老後のことは話が大き過ぎるので今回は置いといて。。。

大型種を飼育しているとなかなか家族揃って旅行とはいかないのが現実で、ドンちゃんママも我慢ではなく自然とそれについては考えなくなっていたとのこと。
幸い家が近く何度か遊びにも来てくれて、ドンちゃんが我が家のカメズと過ごす様子に、お預けしても大丈夫かなと判断して頂いた。

   その結果

2012-06-23 06.17.10.jpg




   トコトコとやって来て。。。








2012-06-23 06.26.43.jpg


   
   ドンちゃんにくっ付き眠る
   コロちゃん [目]

   喉をボコボコさせていたドンちゃん






2012-06-23 07.37.01.jpg




   ドンちゃんに刺激されたか
   食欲アップのコロちゃん







2012-06-23 07.47.47.jpg




   やたらベタベタするホル女子
   ドンちゃんもまんざらではなさそう







2012-06-22 14.32.13.jpg
 

   ちゃっかりポリに
   シェルターを奪われ
   困った風のドンちゃん








2012-06-22 14.36.38.jpg




   ドンちゃんが気になるポリ








2012-06-22 14.34.07.jpg




   ホル女子の反応も
   面白く観察出来た。








成体のヒョウモンでも預かる病院はあるようだけれど、特にこの時期活動量の多いヒョウモン男子となるとケージでは厳しい。万が一の体調異変を考えると病院の方が安心といえば安心かもしれないけれど。
うちはどっちにしてもまとめて預けるのは難しく、分散か可能なら家に様子を見に来て頂くか。。。むしろ環境を変えないという点で一番いい。

都市部に多いカメ飼育者。お会いしてみて意気投合、話してみたらなんとご近所さんだった!という例もあり、ガチガチに縛られず、困った時はお世話し合うことでもっと余裕のあるカメライフを送ることが出来ればいいなと思う。その為にはまず飼育者同士の信頼関係が不可欠だけど。。。

今回のお預かり、私も色々勉強になった貴重な10日間だった。
よその仔でも我が仔同様に可愛くて仕方ない、お返し後が寂しかったほど。。。
そして、いつ飼い主に緊急事態が発生するか分からず、カメには強さと順応性が必要だなと実感。

日光浴に積極的ではなかったドンちゃんが帰宅後日光浴をしているそうな。
サンドラちゃんもよそのお宅で強化合宿したら変われるかな?
お預け先がない???
いえいえ、むしろサンドラちゃんは産卵シーズン以外はひたすら眠るだけで、本当に手が掛からず楽ちんですよ。今は食欲も落ち着き粗食でそれほど食べませんし(← 猛アピール)

2012-04-04 10.02.56.jpg



  本当に動かないのアピール(必死)









2012-06-15 09.18.09.jpg



   問題児メイ
   こんな顔して偏食拒食。。。
   ダメだ、病院泊だ。
   輸液セットでも付けるかな(笑)






2012-06-22 14.34.24.jpg



   ホル♀は心配なし









一番敬遠されそうなめろんマンだけど、近頃かなり丈夫、大丈夫!
あまり動かず手が掛かりません〜(必死のアピール)

2012-06-06 12.55.34.jpg




   ほらー
   モジモジしてないで、、、







2012-06-12 17.43.06.jpg



   可愛いところアピールしてさ、、、









2012-06-12 17.45.16.jpg




   そう、そこ大事!








2012-06-06 13.16.30.jpg




   そうそう、愛想良くー!








万が一の時はお願いします〜!


nice!(0)  コメント(30)