So-net無料ブログ作成

空っぽ [病気・産卵・通院]


サンドラ、空っぽでした~![わーい(嬉しい顔)]
おタマゴ無しでした。 (内心ほっ。。。)

   え? 何のこと?                       こちらの心配をよそに食べまくり

IMG_7564.JPGIMG_7543.JPG












1ヶ月半で1kg近くとあまりに急激増なので今度こそかと再度抱卵疑惑が持ち上がったサンドラ。
いくらなんでもこれはおかしい、怪しい。。。いよいよ初めてのレントゲンに連れて行きました。
3kgのマルコはなんとか歩いて連れて行くことが出来ましたが、倍の6kgのサンドラはさすがに厳しく、距離にしたら短いのですが駅からはタクシーで向かいました。

さぁ、いよいよ。。。
診察台に乗せるなり、いつもクールな先生でさえ 『 でかっ!』 と、ビックリされたサンドラ(笑)
5.8kg!
うそ~っ [がく~(落胆した顔)]   うん子前ですがまた増えてます。。。
長旅、初めての病院の診察にも臆することなく態度もデカデカでした。
ひと通り経緯を説明し、いよいよレントゲン。

ドキドキ。。。ドキドキ。。。

『 ないですね 』  先生、あっさり。。。
『 あ。。。そうですか。。。』
卵胞も考えられるので念の為にエコーも撮って貰いましたがやはり何も写っていません。
空っぽです。。。(前回もですが、ちょっと診察室の雰囲気的に写真を撮れませんでした... )

その代わりにたんまり詰まっているのはやはりうん子です。
決して便秘している訳ではありません。 (毎日~ 一日おきにしっかり出します)
サンドラの腸はかなり極太なのだそうで、相当溜め込むことが出来るそう。
確かにいつも太さ2~3cmの極太うん子 ^^;
1回の量が500g前後なので、常に2回分くらいは溜め込んでいるようです。

ただ、やはり以前の異変の時は卵胞が出来ていた可能性もあるとのこと。
卵は形成させずに吸収されてしまったようです。
その頃は毎晩徘徊し暴れまくっていたサンドラも、今は夜間全く起きることなく朝までスースー熟睡しています。

    朝目覚めていたので声を掛けたら。。。            引っ込んじゃいました。

IMG_7359.JPGIMG_7360.JPG












   新居にriku-nati さんに教えて頂いた防水マットを敷いてみましたが落ち着くみたいです。

                                          どべ~ん
IMG_7649.JPGIMG_7650.JPG












サンドラサイズだとやはりレントゲンでの確認しか抱卵は確認出来ません。
後肢の付け根を触診しようとしても奥までは届かず指を折られそうになります。
何度かチャレンジしましたが。。。 (≧▽≦)

   ここに指を入れるのは緊張                肢を引っ込めると巻き込まれます。。。痛[あせあせ(飛び散る汗)]

IMG_7638.JPGIMG_7634.JPG













IMG_7644.JPG


   普段から注意深く見守り、変化に
   気付いてあげるしかなさそうです。








アフリカで生まれたサンドラがこんな環境のお座敷でおタマゴを授かるということは、ここで安心して母亀になりたいと思ってくれた時かもしれません。それは私へのご褒美。その時はしっかりお世話してあげたいと思います。命がけの産卵ですが準備係の私は産卵の知識は皆無、きっとその時は見守る事しか何も出来ないのでしょうね。。。そんな時こそ先輩飼育者さん達は有難い存在です。

ご心配頂いた皆様、ありがとうございました!
これからも宜しくお願いいたしま~す ♪


[かわいい] おまけ [かわいい]

連休で両親が遊びに来ました。

IMG_7523.JPG

   お土産リーフチコリ

   さすが冬野菜!
   グングン育ってお化け野菜のよう。
   内側の中心部は少し結球しています。







   サンドラは大好き!                      勿論ポリも大好き!

IMG_7581.JPGIMG_7590.JPG












メイちゃんと父の久しぶりの再会。 嬉しそうです ♪

IMG_7517.JPGIMG_7512.JPG












車でやって来た両親と野毛山動物園にリクガメを見に出掛けたり、ホームセンターで木材を調達しサークルの高さを上げて貰ったり。。。この時とばかりにいろいろ使ってしまいました [わーい(嬉しい顔)]
                                          従来の25cm + 10cm
IMG_7614.JPGIMG_7615.JPG












最終日はお天気が良かったので片瀬海岸、江ノ島へ。
前日の寒さが嘘の様に暖かく波も穏やか。。。久しぶりの海でした。

めろんマンへお土産、サザエさんの殻。 店先で無料で貰えます。中身も美味しかった~ ♪
苦いビールが飲めない私でも飲める(瓶が欲しかった)江ノ島ビール 。

IMG_7617.JPGIMG_7658.JPG











IMG_7627.JPG


  めろんマン、
  好きなだけ齧って下さい!




nice!(2)  コメント(20) 
共通テーマ:ペット

お試し別居1週間 [ヒョウモン]


1年間悩み続けたマルコの鼻炎。
点鼻を続けてもうすぐ2週間、ほぼ完治ではないかと思うほどの回復振りです。
鼻を垂らすこともなく、鼻の穴を覗いて見ても鼻水らしきものは見られません。

IMG_7467.JPGIMG_7476.JPG











マルちゃん、鼻通ってますか? (ふりかけで顔が汚くてスミマセン[あせあせ(飛び散る汗)]

IMG_7480.JPGIMG_7478.JPG












ようやく長かった1年に終止符を打てそうです。。。
点鼻薬はまだ半分残っているので、使い切ってから再度病院に経過を報告する予定ですが、鼻炎になり易いヒョウモンなので予備で1本貰っておきたい点鼻薬です。

さて。。。
やはり悩んだ結果マルコとサンドラを別居させることにしました。
今日でお試し1週間です。
仔ガメの頃から離れることなく寄り添って暮らして来たふたりですが、マルコの発情による食欲不振とエネルギー消費による体重停滞は今後の健康に関わってくること。
マルコの気持ちを思えば辛いことですが、マルコの健康を思えればやむをえないことです。

マルコには今まで通りのサークルを与え、歩き回るスペースを確保。
これからはここでほぼ独り暮らし。 ( ポリは近頃餌時間以外は殆ど隅で寝てばかりの毎日です[眠い(睡眠)] )
もう賑やかだったお座敷生活は終わりです。。。(涙)

IMG_7449.JPG



   寂しさが漂います。。。








サンドラにはお座敷の角に仮のスペースを作りました。
基本は食べて寝るだけの毎日ですが、日中は時々歩いているようなので暖かくなったらもう少し広げてあげるつもり。今は保温が優先です。

IMG_7413.JPGIMG_7415.JPG











サンドラ、初めは餌と寝床があればどこでもOKという感じで、早速仮の新居で過ごしていました。
でも。。。 基本クールなサンドラだってマルコのことはやはり相棒と思っていたはず。。。
3日目の頃、次第にちょっと違うと感じたようで(遅い!)、餌を途中で止めてみたり、いじけたような不安気な目をするようになりました。 ヒョウモンはちょっとした心の動きを目や顔の表情で表すので分り易いのですが、それ故にこちらも心配になります。なんとなく別の場所にどかされた、とでも思ったのでしょうか。。。
最近は餌をねだって私を追いかけるようになっていたのに、離れてジッと見るだけです。
そんなことはないよ大丈夫だよと、安心させるためになるべく話し掛けながら様子を見てきましたが、なんとか今では慣れてきたようでこのまま暮らして行けそうです。

放牧スペースに開放してあげると早速出て行きますが、ちゃんと我が家に帰って行きます ^^

IMG_7461.JPGIMG_7462.JPG












問題のマルコ。
案の定毎日ポツンとつまらなそう。。。

IMG_7432.JPGIMG_7433.JPG











IMG_7440.JPGIMG_7474.JPG












最初の3~4日はサンドラを探し、長い時間ウロウロとサークルを歩き回っていましたが、ようやく諦めたのか、忘れたのか。。。おとなしくしてることが多くなりました。
肝心の食欲、朝は相変わらずふりかけキュウリしか食べませんが、活発になる夕方になるとウロウロしながらもレタスを齧るようになりました。 この1週間、少しずつではあるけれど餌に向かう気持ちは出てきたように感じます。まだまだ栄養的には足りませんが全体的に良い兆しと感じています。

  なんとなくポリちゃんがマルコを先導してくれているようにも感じます。

IMG_7487.JPGIMG_7486.JPG












それでも夕方、必ずつまらなそうな寂しそうな顔で私を見上げるマルコ。
サンドラちゃん、何処に行っちゃったの?と聞かれているようで切なくなります。。。

IMG_7482.JPG


  こんな目で見つめられると
  これで良かったのかと思うことも。。。


  ごめんねマルちゃん。。。





お試し、としましたが、今後食欲が回復し安定するようならこのまま完全別居とするつもりです。
そして暖かくなった頃、時々会わせてあげられるようになればとも思っています。
早く暖かい公園でサンドラちゃんと散歩させてあげたい。。。

今朝マルコの体重を量ってみました。
近頃は3kgを切ることもあったのですが。。。
うん子体重もありますがほんの少し増えてるように感じます。

IMG_7447.JPG

   3.3kg

   2週間前の病院では2.95kg
   少しは食べているということになりますね。






先だってサンドラも大量にうん子をした後だったので測定

IMG_7426.JPG
  5.45kg  (オシッコ&ウンチ後)

  11月15日 5.45kg
  10月 1日 4.6 kg 
    7月 6日 4.0 kg

  このペースって。。。[がく~(落胆した顔)]





また大きくなったようなサンドラですが、1ヶ月半で1kg近く増えたことになります。
はて。。。これって標準なのでしょうか !?


nice!(3)  コメント(28) 
共通テーマ:ペット

セカンドオピニオン [病気・産卵・通院]


柔ちんマルコ(♂)。
私が甘やかしてしまったせいか元来の性格なのかとてもメンタルの弱い仔です。
メンタル弱い=免疫弱い。。。
以前にも書きましたが、昨年11月に鼻炎を発症してからは慢性の鼻炎持ちとなってしまいました。

IMG_6894.JPG
  見た目にはあまり分かりませんが、
  呼吸と共に鼻水が出たり引っ込んだり。。。

  日によっては嘴まで垂れていたり、
  粘性がある日は鼻ちょうちんになります。

  開口呼吸は一度もありません。





1年前。。。成長とともにケージ生活が不可能になり完全サークル暮らしを始めた頃でもあります。
ちょうど冬を前に、今より飼育環境面に不備があったかもしれません。 場所によっては30℃を下回る場所があったのかも。。。 ヒョウモンはリクガメの中でもアフリカ南部に生息し、より多くの紫外線を必要とします。
当然ながらお座敷での再現は無理。。。


この1年、近所の掛かりつけ獣医さんのもとで肺炎の治療にも使うバイトリル(主に呼吸器感染に使われる抗菌剤)+プレドニゾロン(炎症、アレルギーを抑えるステロイド) の投与で様子をみてきましたが一進一退、なかなかスッキリ完治とはいかない状態でした。
鼻炎も放って置くと肺炎に移行するかもしれないので定期的に治療を続けていましたが、症状的に肺炎はないだろうとの診断でした。 でもいつも気掛かり。。。

温度や湿度の環境面をなんとかクリアした上での原因となると難しく、今の治療では限界かと思うようになりました。もともと掛かりつけ獣医さんは犬猫がメインなのでカメに関しての高度な治療は設備的にも限界が。。。
メンタルの弱いマルコは病院に行くだけでもひどく落ち込み、帰宅後は吐いたり、暫らく餌も食べなくなってしまうこともあり自宅で注射を続けてきました。 今回も遠くの病院に連れて行くことは悩みましたが、何より治療が優先、サンドラが受診予定だったセレブな街の動物病院を受診してみました。

自宅から電車を乗り継ぎ約1時間で病院到着。。。駅からは重たいマルコを持って高級住宅地を15分ほど歩きます。
待合室ではサルの赤ちゃんを連れた方がいたり、私にまで 『 ごきげんよう 』 と言って帰られる飼い主さんがいたり。。。さすが下町の動物病院とは違います。

さて、マルコ...  家を出てから全く動かず。
初めての遠出、極度の緊張のせいか逆にウンチもオシッコもなし。完全に閉じこもり。。。
一通りの経過を説明し早速レントゲンを撮って貰いましたが、肺はとてもキレイで問題なしとのこと。
正直覚悟していただけにホッとしました。とりあえずはひと安心。。。
やはりヒョウモンは一度鼻炎を発症すると慢性の鼻炎になり易いとのこと。
そうなると逆に鼻炎の原因が何なのかを突き止めなければなりません。


治療開始から1ヶ月の経緯

1回目の受診 (10/11)

既に投与していたバイトリルとプレドニゾロンでは完治出来なかったことから。。。

真菌(カビ)を疑い抗真菌剤・イトラコナゾール(人間も水虫の治療で使う) を2週間経口投与。

IMG_7400.JPG

  
  粉薬を1日1回
  嫌がることなく服用するも症状改善せず。








2回目の受診 (10/24  寒い日だったのでマルコ受診せず )

本当は鼻水を培養して菌の種類を特定しようとのことでしたが、マルコを連れて行けずとりあえず別の抗生剤を試すことに。
抗緑膿菌抗生剤・ヒペラシリン注 + 乳酸リンゲル液ビタミン入り

IMG_7402.JPG
  

  1日おきに5回
  黄色いリンゲル液は栄養補給のため。
  最後の5本目を投与しても改善無し。







3回目の受診 (11/6  菌の特定のためマルコを連れて受診)

シリンジで鼻水を吸い取ろうとしても吸い取るほどの鼻水が出ずに培養は断念。
殺菌、感染を抑える点鼻薬・硫酸ゲンタマイシン点眼液(点鼻としても使う)を処方され様子を見ることに。。。 以前掛かりつけの獣医さんからは口に入ると苦く餌を食べなくなってしまうことを心配し処方されませんでした。

IMG_7403.JPG

  1日2回点鼻
  
  やはり苦いらしくブシュ~ッと激しく鼻息で
  飛ばし、辛そうな顔をします。

  舐めてみましたが人間は苦く感じません。

  



嫌だ嫌だよぉ。。。                        点鼻の後、落ち込むマルコ [バッド(下向き矢印)]

IMG_7379.JPGIMG_7382.JPG












アレルギー性の場合、培養により炎症の原因物質が分かっても動物、爬虫類に使える薬剤は限られており、症状と薬剤が合うことは少なく慢性化した鼻炎を完治させることは難しいのだそうです。

恐る恐る聞いてみました。
最悪このままで大丈夫なのですか。。。?

『 普通に生きて行けます。こういう仔は結構います 』

この鼻炎の状態でも問題なく生きられ、これが原因で死んでしまうようなことはないとのこと。
鼻と口が繋がっている短い箇所での炎症とのことで、呼吸器系の炎症とは別のものとの診断でした。

IMG_7398.JPG


  こんなイメージ。。。
  








今日で点鼻6日目。。。
実は点鼻開始の翌々日頃から鼻が濡れていることが減り始め、今日は見る限り完全に乾いています。
あれ !?  どうしたことでしょう 。。。 [目]
一時的かもしれませんが明らかに改善しているように感じます。


この1年、膿が出るような症状が一度もなかったのは、バイトリル+プレドニゾロンで炎症が酷くなるのを抑えることが出来ていたからだと思います。 悪化すると黄色い膿が出て臭いもあるとのこと。
掛かりつけ獣医さんは治療可能な範囲で最悪の肺炎にも効果あるようにと治療をして下さいました。
連れて行くとマルコに何度も優しく話し掛けてくれてカメへの愛情をとても感じます。 今でも信頼出来る獣医さんであることに変わりはなく、何より診察をする上での信頼感、安心感があります。

ただ、早い時期に違った治療をしていれば慢性化することもなかったかもしれないと思うとマルコには申し訳ない気持ちでいっぱいです。 私から打たれる何十本もの注射。。。何度も何度も痛く辛い思いをさせてしまいました。
それでも決して私から逃げることなく、甘えてくるマルコを思うと涙が出てしまいます。

IMG_7288.JPGIMG_6764.JPG












サンドラは同じ環境でもただの一度の鼻水もなく、♂♀の違いですか?と訊ねると、個体差だと言われました。
でも。。。やはり明らかに女子は強いです!


もうひとつの問題を相談。
成長の停滞と食欲のムラ。
月100~150gの成長を続け、3kgに届いた途端に成長が止まってしまったマルコ。
この1年体重が停滞中です。
サンドラに一気に抜かれこんなに差がついてしまいました。

IMG_7307.JPG


  押し出されているように見えますが...
  食べる気持ちが足りないマルコ








マルコは現在一年を通しほぼ毎日の発情行為があります。

IMG_7311.JPG



   日課です ♪








IMG_7202.JPGIMG_7204.JPG











いつも途中から眠くなってしまいます。。。                     [眠い(睡眠)][眠い(睡眠)][眠い(睡眠)]

IMG_6897.JPGIMG_6898.JPG












ヒョウモン(マルコだけ?)の発情行為はとても穏やかで、スリスリ、ぴったり。。。
まさにストーカー。 決して甲羅アタックや噛みつき行為はしません。
サンドラも何も感じていないかのように眠ったり餌を食べています。

IMG_6871.JPGIMG_7327.JPG












食欲のムラは発情が大きな原因でサンドラと離すのがベストだと言われました。
離すと元気がなくなることを伝えると獣医さんも 『 う~ん。。。困りましたねぇ 』

IMG_6741.JPG


  いつも爆食するサンドラにくっついて
  離れません。。。

  ボクはサンドラの傍にいるだけでいい。。。
  いつもそんな顔をしています。
  




サンドラさえいれば何もいらないのか、近頃、朝はきゅうりしか食べません。。。

IMG_7406.JPG

  
  栄養を補うために早速野草ふりかけ
  なかなかイイうん子が出ました!








すっかり偏食気味ですが夕方は気が向くと野菜も食べます。
すぐ集中力が切れてしまいますが。。。

IMG_7090.JPGIMG_7267.JPG











IMG_7242.JPG


  餌に向かう二人の目つきの違い。
  やはりマルコには食への熱い気持ちが
  足りません。
  






これでは栄養的には足りず、今後の成長と食欲、栄養状態を考えるとやはり一度サンドラと離して環境を変えてみる必要もあるのかな。。。
初めて発情を覚えた頃、まだ小さく輸液中だったサンドラの負担を心配し離したところハンストしたマルコを思い出しました。 また同じことになるのは明らかで、メンタルが弱い上に今の栄養状態を考えるととても不安なところです。
また冬場の保温を考えると更にスペースを広げることはやはり環境を下げてしまうと思うし、暖かくなるまではなんとかマルコに食べて貰う方法を考えるしかないかなと思っています。

ポリちゃん、マルちゃんを慰めてね。。。。

IMG_7048.JPGIMG_7053.JPG












メタハラ浴をしています。
マルちゃん、しっかり浴びてね。

IMG_7351.JPGIMG_7356.JPG











nice!(3)  コメント(30) 
共通テーマ:ペット

ナイスキャッチ!


サンドラとマルコはウン子予定日に合わせてオムツを穿いています。
先日仕事から帰ると。。。

サンドラのオムツ、脱げていました。
良く見ると。。。                         おぉ~ ナイスキャッチ [ぴかぴか(新しい)]

IMG_7026.JPGIMG_7025.JPG












重さで脱げていたようです。
量ってみると450g。

IMG_7028.JPG
  オシッコが一緒の時はもう少し重たいことも
  ありますが、平均するといつも500g前後。
  
  毎回上手くキャッチ出来ると
  いいんだけどなぁ。。。






勿論予定通りとは行かなかったり、オムツが引っ掛かり脱げてしまった後にもよおしたり。。。
時々お座敷が惨状になることもあります。
上手く収まった時は人もカメもかなりの負担軽減。 ヒョウモンはサークル飼いなので行動範囲もケージと比べると広く、♂のマルコは踏ん付けては歩き回りサークルいっぱいに広げてしまいます。
これでも一丁前に巨ガメなのでその量はそれはそれは。。。目が当てられません。
マルコとサンドラ、食べる量が違うのでサイクルも違うはずなのですが、どちらか一方がするとどうやらつられてしまうようでいつも貰いウン子。 2匹分はもうカオス。。。
特にこれからの季節はお風呂に入れゴシゴシするのはストレスと冷えが心配。
更に衛生面も考えると特に冬場はオムツを穿いて頂く方が負担が少なくて済みそうです。

これからは乾燥対策のためレタスやキュウリ、水分たっぷりな餌が増える一方野草がなくなりどうしてもゆるゆるウン子に。。。オムツを穿いても漏れてしまいナイスキャッチとはいきません。
牧草も始めましたがお高いので大量にはあげられず。。。

IMG_6900.JPGIMG_6930.JPG












困ったなぁ。。。

そんな時にbellさんから野草が届きました!
 
IMG_7223.JPG


  やっほ~[ぴかぴか(新しい)]
  久々のタンポポ!








なかなか食に集中出来ないマルコも真剣!

IMG_7225.JPGIMG_7230.JPG











IMG_7229.JPG

  相変わらずウロウロしながらも何度も
  戻ってはハムハム。。。

  久しぶりにがっつくマルコ、
  嬉しくていつまでも眺めてしまいました。

  bellさん、ありがとうございます!




でも。。。
あくまでもこれはイベント。
自分でなんとかしなければ。。。



そこでコレ!

IMG_7256.JPG

  ケイティママさんが乾燥餌作りをされて
  いるのを私も真似しま~す。

  今私が採取出来るのは葛だけ。
  空気カラカラ天日干し日和です[晴れ]






葛が乾燥するまでの間はコレをふりかけます。

IMG_7294.JPG
  桑の木本舗の桑ふりかけ
   +
  大麦若葉100%粉末
   +
  モロヘイヤ&Ca末


  全部適当にMIX



IMG_7296.JPG

  ふりかけると。。。

  ちょっとまずそうですが
  冬場のお助けアイテムになりそうです。





このMIXに更に葛の葉を加えたら栄養と食物繊維もUPなはず!
ナイスキャッチ出来るようないいウン子が生まれますように。。。


[かわいい] おまけ [かわいい] 晩秋のベランダ

IMG_6849.JPG


  あら? 今頃桑の実!
  
  






夏から育てていたコモンマロウ。
最初パッとしませんでしたがようやく葉がワサワサしてきました。
右のは種から育てているコモンマロウの可愛らしい若葉。ちゃんと育つといいな。。。

IMG_7258.JPGIMG_7261.JPG












これはポリが大好きなトッピング用のワイルドルッコラとノーマルルッコラ。
食べているとお座敷にゴマのいい香りがぷぅ~んと広がります。

IMG_7290.JPGIMG_7292.JPG












私が育てるとなんとも貧弱なリーフチコリと発芽待ちのダンデライオン(食用たんぽぽ)

IMG_7291.JPGIMG_7293.JPG









ベランダの葉っぱは基本的にはポリ&めろんマン向けです。
コレぜ~んぶ集めてもヒョウモンの1回分にもなりませんから ^^;


[満月] もうひとつおまけ [満月]

昨夜は満月。
念のため産卵床を温めて待機しましたが、サンドラはぬくぬくお座敷で爆睡でした。
食欲も上々でこのままだと年内はなさそうな雰囲気です。
ホッ。。。

IMG_7216.JPGIMG_7217.JPG











IMG_7218.JPGIMG_7253.JPG











いっぱい食べていっぱい寝て、蓄えます。。。


nice!(2)  コメント(26) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。