So-net無料ブログ作成

寂しくなるね。。。 [ホルスフィールド]


お正月明けから預かっている父のホルス。

IMG_2260.JPG

   真ん中がメイ(♂)、右がコロ(♀)

   左はうちのポリ(♀)

   
   




うちに来た経緯は。。。
http://sandramarco.blog.so-net.ne.jp/2009-01-21

あれから4ヶ月が経とうとしているにも関わらず、♂のメイちゃんは偏食、食欲不振を殆ど改善出来ていない。
目標はGWにふたり揃って父の元へ帰してあげることだったのだけれど。。。

同じ悩みを抱える飼い主さんのアイディア等を色々参考にしてみたけれど、メイちゃんは殆ど餌に興味を示さず (++)
栄養失調状態ということもあり最初の1ヶ月は毎日輸液を行い食欲が上がることを待つことにして、その後は少しずつ間隔を空けながら輸液に頼らないカラダ作りを。。。というはずだった。

実際にはかなり手こずっている。
日中餌を口にするのは余程気が向いた時に少しだけで、他の仔達を見れば興奮、ケージから出たくて大暴れ。
常に発情興奮状態にあるので気分が落ち着く夕方~夜にならないと餌を食べさせることが出来ない。
少しでも食べることを覚えさせようと、暗くなってみんながケージに戻り落ち着いた時間を狙って一番食いつきのいいチコリで鼻先を追いかけ回す。
観念してようやく齧り始めるという、改善には程遠い給餌だ。
ようやく私の手からチコリ1~2枚とズッキーニのスライスを1~2枚は毎日平均して食べるようになったのだけれど葉物は殆ど食べない。。。結局これも偏食生活か。。。
この作業には20分、30分掛かってしまうこともある。。。毎日が根比べ。
時々もうこの子は正常な食欲に戻る事はないのではないかと溜息が出てしまう。
かれこれ2年以上の偏食生活、僅かなエネルギーで生きられるカラダに出来上がってしまった。
偏食がここまで深刻なことになるとは、カボチャの代償は本当に大きかった。

偏食の仔にはあまり与えたくないタンポポ、花だけは自発的に食べてくれるけれど、2~3個と量は少なく、すぐに気が散ってしまう。
脱水と結石が心配なことと、カラダが温まり排泄もあれば代謝が上がるかなと思い温浴も毎日行っているが、最近はトロッとした尿酸を出し、殆ど食べていない割には一応カタチのいいウンチもする。

IMG_1910.JPGIMG_3484.JPG











不思議なのはこんな食欲不振な状態でも元気いっぱいなこと。
どこからそんなエネルギーが湧いてくるのか分からない(??)

IMG_1909.JPG


  うちに来た時は325g

  四肢の付け根がカボチャ太りで
  モコモコしていた。





4ヶ月後。。。328gで変化無し
それでも炭水化物一切無しで四肢の付け根はスッキリしたようにみえる。

IMG_3653.JPGIMG_3656.JPG











成長線があるように見えけれど、食べないので成長しないまま (++)

IMG_3662.JPGIMG_3657.JPG











輸液を毎日続けていた頃には一時330~340g台まで増えたこともあったけれど、あくまでも輸液に頼っていた結果で、現在は輸液を打ち切り、なんとか自然な食欲を目指している。
あと3ヶ月、お盆休みまでに少しでもいいから前進させて父の元に帰してやりたい。


さて、♀のコロちゃん。
長い間の偏食とメイちゃんからの噛みつきによるストレスでやはり発育不全だけれど、コロちゃんはすぐに私の食事トレーニングにも馴れてくれて、輸液を始めてすぐに食欲が上がった。

IMG_2269.JPG


  とても控えめでおとなしい仔

  






ただ、コロちゃんも長いこと葉っぱを食べることに慣れておらず食べ方も下手、気持ちがあっても空振りばかり。。。諦めてしまうことが多かったので、毎日朝夕、小松菜と青梗菜を葉巻にして手から確実に口に入れさせることにした。
徐々に勢いも量も上がり、途中からは自分で食べてくれるよう放って置くことにした。
ポリちゃん程の食欲ではないけれど、今では自分でしっかり食べることが出来るようになった。

IMG_3017.JPGIMG_3009.JPG











IMG_2553.JPG


  ♀ 同士でトラブルもなく
  ポリが刺激になり相乗効果!







尿酸もウンチの状態もみんなの中で一番いいコロちゃん。
そろそろ父の元に帰してやる時期だろうか。。。父も待ちわびて電話をしてくる。
ホッとしたと同時に寂しさがこみ上げてきてしまった。

コロちゃんはホルスにしてはとてもおとなしく、幼い表情をしている。
いつもポチっとした可愛らしい眼でこちらを見つめてくる。
そんなコロちゃんを見ていると可愛くて仕方がない。

IMG_2766.JPGIMG_2762.JPG











いつも自分からヒョウモン達やポリちゃんに遠慮がちにそっと近付き一緒にいることが多かった。
大きいヒョウモン達には時々噛み付くポリちゃんも、コロちゃんには噛み付くことはなかった。
ポリちゃんの影響は大きい。。。最初の頃、大食いのポリちゃんにはキョトンとしていたっけ。

   自分からポリの傍に。。。

IMG_2632.JPGIMG_2664.JPG











IMG_2033.JPG

 
  だんだん馴れっこになり、
  ちょっと迷惑そうなポリ  ^^;








  ポリと同じ、サンドラちゃんの傍はやっぱりいいんだよね~。

IMG_2602.JPGIMG_2494.JPG











父の元へ帰すと決めてからは寂しさと同時にコロちゃんのことがとても心配。
すっかり我が家での生活に慣れ安定している。
ヒョウモンやポリちゃんに囲まれ、安心しきった表情で過ごしていた毎日、急に独りぼっちのケージで大丈夫だろうか。。。寂しさで食が落ちてしまうのではないかと心配でならない。
急に離すのは良くないと思い慣れさせる為にもひと月前からは眠る時以外は独りでケージで過ごさせているが、やはり一緒にいたいらしく、そんな姿を見ると可哀そうになってしまう。
よくリクガメは他の個体にはあまり感心がなく単独飼育がいいといわれるけれど、この3年の様子からいえば、私の勝手な思い込みを差し引いても、性別、種、組み合わせによっては多頭飼育でもうまくいくのではないかと思っている。

本当はメイちゃんと一緒に帰ることが出来ればいいけれど、メイちゃんの噛み付きが激しいためいずれにしてももう一緒には出来ないと思う。

IMG_2947.JPG



   メイ&コロ
   久しぶりにつかの間のご対面
   





もううちの仔と同じ。。。 独りぼっちのコロちゃんの様子やここからいなくなることを考えると切なくなってしまう。。。出来ればこのままうちで育てたい。
連れて行く時にはきっと涙が出てしまうと思うけれど、待ちわびている父のためにも元気な姿を見せてあげなくては。。。
うちにやって来た日 275g そして今日 335g 少しずつだけれど順調に成長している。

IMG_1887.JPG


  
   同じくモコモコしていた
   四肢の付け根も。。。
   

 




IMG_3671.JPG



   こんなにスッキリ !!







IMG_3668.JPGIMG_3666.JPG











私の好きなコロちゃんのポチッとしたお尻と寝姿

IMG_3478.JPGIMG_3477.JPG


 









IMG_2477.JPGIMG_2476.JPG











日光浴、気持ち良かったね。。。

IMG_3214.JPGIMG_3218.JPG



 








いつでも戻って来ていいんだよ~ (*^_^*)


nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット