So-net無料ブログ作成

みなさんありがとう! [リクガメ]

ブログを始めて2ヶ月。。。
なかなか定期的な更新とはいきませんでしたが、うちのカメっ子達の賑やか振りをちょっとはお伝え出来たのではないかと思っています。
いつも皆さんから頂いている沢山の温かいお言葉やアドバイス、心から感謝しています!
なかなか飼育書通りにはいかない難しいリクガメ飼育。
毎日観察していなければ感じ取れない微妙なコトに沢山のヒントがあるようで、多くの飼い主さん達の愛情たっぷりのブログはとても大事な情報源です。
これからもどうぞよろしくお願いします!

なんだかバタバタしてしまい、これが今年の書き納め。
飼い主はちょっとばかり肝臓疲れですが ^^; 、4匹共に元気に年を越せそうです。
皆さんと愛亀ちゃんが幸せな新年を迎えられますように。。。

IMG_1358.JPG


   おや、マルちゃん
   何に疲れているのですか???








また来年もよろしくね~

IMG_0383.JPGIMG_0807.JPG











IMG_1654.JPGIMG_0782.JPG







その後の経過 -めろんマンの結石事情 - [病気・産卵・通院]

輸液と肛門マッサージを続けて6日目の朝。
刺激で出たと思われる緩いウンチの中に白いものが。。。
わーっ !!!
ウンチを指でばらしてみる。。。
☆☆☆☆☆
見事な、完璧な結石が出てきた。

    ↓  8mm × 7mm
IMG_1661.JPGIMG_1657.JPG











前々日から続けてウンチが出始め、前日の病院での輸液後も帰る途中に緩めのウンチを出したり、だいぶ排泄モードになっていたようだ。
ウンチが出易くなっていたこともあり、少しずついきみの回数も減っていた。
日に2回温浴させていたのでいきみの度にオシッコも出してしまい、かえって脱水にならないかと心配もしていたけれど。。。
                            
IMG_1247.JPGIMG_1608.JPG











IMG_1606.JPGIMG_1604.JPG










                近頃タッパーの淵によじ登るようになってきた!

結石入りのウンチはマッサージ後の最初のいきみで出てきた。
刺激で出てきてしまったような、まだ出なくていいウンチだったのだけれど、緩いウンチと共に結石も出易い位置まで降りてきたのだろうと思う。

病院に連れて行かれる恐怖も、獣医さんに無理矢理される注射も、かなりのストレスだったと思う。
小さい体で頑張ってくれた。
リクガメはちっこくてもホントに賢い。
機嫌よくスタスタ歩いていたところを病院に連れて行かれるための箱にヒョイと入れられた瞬間、小さな口を開けてシャーッ、シャーッと、めろんマンにとって初めての怒りの表現を見せた。
もうその箱に入れられたってことは、痛いことをされる所に連れて行かれるって分かっているのだろう。

IMG_1706.JPG
 この時期の自転車通院は寒いので注意
 しなければ。。。
 保冷剤をお湯で湯煎するとカイロより
 ずっと暖かく、保温性がいい。
 これだと全くの寒さ知らず、
 往復ホカホカで通院出来る。





帰宅後温めてあげると直ぐに貝になっていた頭と手足を出し、何事もなかったかのように餌を食べ始める。
ちゃんと病院と家の認識があるように思える。
めろんマンの結石が発覚してからキュウリ等の水分の多い野菜を確実に口に入れさせるために、食べ始めだけ手から与えていたのだけれど、最近は自分から寄ってきて勢いよく食いつくようになってくれた。
尻尾を掴んでの肛門マッサージも嫌がらずにバンザイ状態でさせてくれる。。。
少し前までは見つめられただけで固まってしまうような臆病だっためろんマンが、日ごとに物怖じしない強い子になっているような気がする。

IMG_1238.JPGIMG_0849.JPG











出てきた結石は丸い完成形、以前に出てきた欠片の残りとは思えない。
もしかすると未だ残っている可能性もあり、今後も週1~2のペースで輸液に通うことになった。
結石が出来易い体質の可能性もあり、輸液は予防にもなるとのこと。
小さい子の結石はウンチと混ざっていたりするとレントゲンでも映り難いそうで、確実に無くなったという判断は難しいそうだ。
めろんマンにとって嫌な治療は続くけれど、こうして一緒に頑張ることが信頼関係を築くきっかけになってくれたらいいなと思う。

皆さんがあげているチコリ、最近私もあげてみたところ、これがかなり気に入ったみたい。
なんだか他の野菜と食いつきが違う!
目をキラッとさせて追いかけて来る。

IMG_1698.JPGIMG_1691.JPG











IMG_1699.JPGIMG_1692.JPG











そして。。。
97~99gをウロウロしていた体重も結石を出した頃から急に増え始め、遂に100gを超えた!!!

IMG_1704.JPGIMG_1709.JPG











めろんマンがやって来てからもうすぐ1年。
どうなることやらと期待と不安で始った2008年もあとわずか。
思えば今年もカメっ子達のお世話で明け暮れた。。。あっという間だった。
なかなか家を空けることが出来なかったり保険の利かない治療費等でいろいろとガマンしなければならないことが多いけれど、カメっ子達の元気は何事にも代え難い。


めろんマンが。。。めろんマンのごはんが気になって仕方がないお三方。。。

IMG_1718.JPGIMG_1717.JPG











IMG_1711.JPGIMG_1712.JPG


めろんマンの結石事情 [病気・産卵・通院]

マルコのブーブーも6回の注射で完治し、ほっと一息もつかの間。

IMG_1578.JPG
 

  ブタとカメ


  よかったなー、まるちゃん。





今度は。。。というか以前から危惧していためろんマンの結石が決定的になってしまった。
我が家に来て間もなくの頃、体の割には大きめの結石を出したことがあったので、既に出来てしまっているとは思っていたけれど、小さ過ぎて処置のしようがないため、自力で排泄してくれることを期待して様子をみていた。
その後は定期的に尿酸も出ていたこともあり、少し油断をしていた。

IMG_1349.JPG

   ねぇ、めろんマン、
   詰まってる???  石。。。






ところがこの2週間、毎日出ていたウンチが出ない日が何度かあり、尿酸も出ない。
温浴中何度も頭を引っ込めてはいきむそぶり。

IMG_1354.JPG
   ウンチが出ない翌日はかなりの難産で
   何とか出ても細く固めだった。



   。。。。。






そして。。。3日前に餌のお皿に結石を発見してしまった。。。(++)

IMG_1586.JPG
  岩を縦に砕いたような形で6~7mm。
  めろんマンの小さなお尻から出てきたとは
  とても思えない大きさ、形。


  ← 砕けてしまったけれど、
    これがひと塊だった。





水撒き器や加湿器を設置したり、広めの水場、濡れタオル、スポンジ、植木鉢を入れるなど、
アレコレ出来ることはやっていたが、少しずつ大きくしてしまったのだろう。

結石について調べると、滅入ってくることばかり。
何をしていても心配で頭から離れない。。。
もし膀胱に出来ていて手術するにしても、この小ささで全身麻酔はあまりにも危険過ぎるし、
尿路でも掻き出すには肛門が小さ過ぎる。。。

悩んでいても仕方ないので、早速レントゲンを撮って貰った。
小さ過ぎて写ってこないかもしれないとのことだったが、なんとか詰まったウンチ、そして結石と思われる薄い小さな影を確認することが出来た。
幸いなことに膀胱内ではなく、総排泄腔内、肛門近くだった。
カメラを持っていくのを忘れて紹介出来ないけれど、よく症例写真で見るようなハッキリとした丸い影ではなく、縦長に砕けたような状態のもの。
少し前に出た結石のかけらの残りだと思われる。

肛門から器具を使って掻き出せる程度のモノだとのことで処置してみることにしたが、めろんマンは怖がって小さな尻尾を奥まで引っ込めてしまい、どうにも処置のしようがなく獣医さんと私は困り果ててしまった。
結局、麻酔をして掻き出すにはまだ体力的にリスクがあるので、輸液の投与と水分摂取で少しづつ自力排泄させることになった。
カメの肛門は思った以上に大きなモノを排泄出来るとのこと。
確かに出てきた結石は大きかった。。。
今の結石の位置だと障害は便秘症状位、緊急の危険性は低いとのことで、今後は定期的にレントゲンを撮って進行の具合を見ていくことになった。

IMG_1238.JPG

  
  あ。。。
  せっかく出てきた芽なんですけど。。。





これから仕事の後は1日おきに通院だ。
自分で注射することも考えたけれど、針を刺せる範囲が小さ過ぎる上に、めろんマンが家でも怖い思いをするのは可哀そうだ。
今以上に臆病な子になってしまうかもしれない不安から、獣医さんにお任せすることにした。
よほど怖かったのか、溜まっていたウンチを未消化の分まで診察中に全部出してしまった。。。
一気に体重減少か。。。と思ったけれど、それでも99g。
11月半ばは停滞気味だった体重も最近また増えだし、体もまた大きくなったような感じがする。。。
1ヶ月で15g増は結石の分を差し引いても順調かな。
結石の重さは僅かなようだし安心した。
これなら年内に100gいけるなぁ。。。
温浴で何度いきんでも出ないので、尻尾を挟むようにして肛門周りをマッサージして温浴を続けたところ、効果があったようでウンチが出た。
嫌がる様子はないので続けていこうと思う。

IMG_1219.JPG










あーぁ。。。ごめんね、めろんマン。
反省です。。。
もっと結石について勉強しておくべきだった。。。
特にめろんマンのような子ガメは出来てしまうと手の施し様がない。
特に症状を見せないため時間をかけて大きくなってしまう。

野草が採れなくなった今は、水分が多く栄養の少ない野菜を中心に与えている。
キュウリは気に入ったようで、手に持って見せると、スタスタ。。と寄って来てパクッと食い付いてくる。
おっ、引っ張る力もなかなかのものだ。

IMG_1565.JPGIMG_1556.JPG











そうそう、獣医さんに女の子かもと言われてしまった。。。
あの。。。マン... なんですけど。。。
ますます黒く斑ってきたし。。。このままいくとやっぱり極悪系!?

IMG_1560.JPGIMG_1555.JPG


ポリ劇場 [ホルスフィールド]

でかいヒョウモン達とおチビなめろんマンに挟まれながらも負けずにちょこまか存在感を発揮し、
わが道をゆくポリ (Polli)。

IMG_1308.JPGIMG_0310.JPG











P1000003.JPGP1000021.JPG















昨年我が家にやってきた時はたったの65g 。。。 ちょこんと小さなカメさんだった。

P1000025.JPGP1000088.JPG














今では甲長11センチ、340gを超えた。。。5倍以上!!
重量感があり、甲羅も艶々。
寄生虫と軟便が2~3度あった以外はいたって健康。
これまた駆虫もしないまま。。。元気過ぎて未だ一度も病院に行ったことがない。。。
一日中騒がしく走り回ってヒョウモン達にちょっかいを出しても全く相手にされず、
仕舞いには下敷きにされてしまうけれど全然平気。

IMG_0541.JPGIMG_0549.JPG











IMG_1324.JPGIMG_0321.JPG











尻尾は父が飼っているオスのホルスと比べるとだいぶ短い感じ。。。
  ↓  コレ。。。皆さん、どう思われますか???

IMG_1196.JPGIMG_1415.JPG
 




 




ヒョウモン達と一緒にするつもりはなかったけれど、うちに来たばかりの頃から何故か
サンドラちゃんと気が合っていた。

P1000091.JPG
 

 マルコ、知らんぷり。。。


 最初の頃、マルコとはお互いに興味が無い様子で、
 いつもサンドラちゃんとばかりくっ付いていた。

 





相思相愛なふたり。。。 いつも興味津々、鼻チュー。

P1000093.JPGP1000090.JPG














                      サンドラちゃんの喉甲板に顎を乗せて眠っている。。。の図 ↓ 
IMG_0298.JPGIMG_1322.JPG






                          




                              
P1000070.JPG

 

  徐々にマルコともスキンシップするように
  なり。。。








今ではいつも3匹一緒だ。
IMG_0458.JPGIMG_1396.JPG











ヒョウモン達が餌を食べていると口をカーッっと開けながら走り寄ってきては中に無理矢理割り込んでいく。
時には喧嘩をうることもあり噛み付いたりするけれどマルコもサンドラも決して怒ったりしない。
おっとりしたヒョウモンとホルスの組み合わせ、思った以上の相乗効果があるように思える。
張り合いながら食べているせいかそれぞれの食欲もアップ。。。し過ぎなくらいだ。。。
時に素晴らしいコンビネーションも発揮し、誰のウンチか分からないくらい満遍なく広げてくれる(ーー;
見事なウンチアシスターだ。
よく見ないと分からないのだが、ポリちゃんは生まれつき片目が中途半端に剥いている。。。
瞼がめくれている感じ。
お目目パッチリとはいかないけれど、そのブサイクさもまた気に入っている。

これまたぶさいくなパンダさんと一緒のおうちも。。。
IMG_1295.JPGIMG_1184.JPG











いつも奪われ。。。

IMG_1419.JPGIMG_1371.JPG











IMG_1422.JPG

  破壊されるけれど。。。









そんなことは全然気にしないポリちゃんだ。

IMG_1147.JPGIMG_1433.JPG

 

 

 







IMG_0415.JPG

 

 これからもずーっと一緒だもんね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。