So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2008年10月 |2008年11月 ブログトップ
前の1件 | -

お座敷の命たち [リクガメ]

実はこの1年で2匹の子を亡くしている。
サンドラちゃんが順調に育ち始めて暫らくしたある日、家族がホルスを連れてきた。
明らかに首周りが痩せていて、すごく臆病な子だった。
餌食いもいまいちで、眼に力がなかった。
ピーノと名付けたその子は我が家に来て僅か1週間で入院、元気に餌を食べる姿を見せることなく亡くなってしまった。
ショップにいる間から感染症を持っていたらしく、うちに来た時はギリギリの状態だったようだ。
結局看取ってあげることも出来ず、病院に着いた時にはもう冷たくなっていた。
前日苦しそうに開口呼吸していた様子を思うと今でも胸が締め付けられる。

ピーノちゃんのことがずっと心に引っかかったままでいた私は、その後新しくホルスを迎えることにした... ポリちゃんと名付けたその子は、なんというか...ハチャメチャな子だ。

IMG_0544.JPGIMG_0372.JPG










ホルスはわりとそうなのか、特別なのか、一日中落ち着きがない。
寝ている時以外はひたすら動き回っている... とにかく騒々しい。
ごはんを見せると、口を開けながら走り寄ってくる。
ホントにカメさんですか?
まだ性別不詳だけど、尾尻の感じからは女の子かなぁ。。。
ちなみに名付け親はイタリア人のクラウディア。
最初、親指サイズしかなかったので、pollice(親指) ...  ポリ。
まぁ、おやゆび姫... みたいなカワイイ気分でつけて貰った。

P1000096.JPGP1000099.JPG















うちに来た日は60グラム、今朝は... ほぅ... 294グラム !!
順調ですな。

10ヶ月前、正月の帰省から戻ってみると、また新しい子がいた... それも2匹。
これには正直、複雑な思いだった。
これ以上増やすことはないと思っていたし、しかもインドホシガメのベビー、
一番難しいとされるピンポン玉。
どうしてこんなに小さな子たちが売られているのだろう???

P1000075.JPG
P1000005.JPG
















ベビーを育てるには知識も経験もなかった私は途方に暮れてしまった。
ヒョウモン、ホルスと違って湿度の維持が難しい。
何とか順調に3ヵ月半が過ぎようとしていたある朝、キアラと名付けた物怖じしない様子を見せていた子が突然亡くなってしまった。
あっという間の出来事で、何もすることが出来なかった。
最初は起きてあくびをしているのかと思っていたが次第に開口呼吸を繰り返し、最後は私の手の中で動かなくなってしまった。
今思うと前兆はあったのかもしれない。
食欲はあったものの体重が全く増えず、特におしっこの臭いが異常にきつかったのだ。
家庭の飼育下ではピンポン玉サイズは3割位しか育たないと聞いたけれど、3ヶ月を過ぎ油断をしていたのだと思う。
もともと生きられない弱い個体だったのかもしれないから、自分を責めないようにと獣医さんから励まされたけれど、この時はなんだか一気に自信を無くしてしまった。
あまりに小さいキアラちゃんを手の中に包んでいつまでも泣いてしまった。
ピーノちゃんの隣にお墓を作った。。。いつか連れて行きたかった公園の木の根元に。
あぁ、でも泣いているわけにはいかない。
残されたもう1匹の子、めろんマンをなんとしても育てなくてはいけないのだ。

IMG_0738.JPGIMG_0686.JPG











幸いにも、その後順調に成長してくれている。
うちに来た日、40グラムしかなかった体重も今朝は84グラム。
まだまだ安心できるサイズではないけれど、日ごとに重量感を増していく様を手のひらに感じながら、毎日小さな命を実感している。

亡くなった子達のことを思うと胸が痛む。
このブログにはカメっ子たちの可愛さや愉快な様子だけを紹介していけたらいいなと、出来れば辛い思い出には触れずにいたいなと思っていたけれど、やはり彼らに対する責任や自分への戒めのためにも、このことは書き残しておきたいという気持ちになった。

そんな私の気持ちを知る由もなく、早くごはんチョーダイ、今日もモノ言う眼で餌の催促をするカメっ子たち。
P1000017.JPGP1000015.JPG
















ハイハイ、ちょっと待ってよ~。

  
前の1件 | -
-|2008年10月 |2008年11月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。